転職後にカードローンは借りづらい?

キャッシングベスト3

転職するとカードローンの審査に通りにくい?

20代男性です。尊敬している先輩が転職して成功したのを見て、自分も転職を考えています。その先輩に転職のアドバイスをもらったのですが、そのなかで、転職をするとしばらくは借金ができなくて困ると言っていたのが印象的でした。一般的にそうなのでしょうか? 転職をしたら今より給料が下がるかもしれず、また実家にも頼れないので、慎重になっています。加えて、しばらくというのはどれくらいの期間を指すのでしょうか? 教えてください。

勤続年数が短いと不利です

一般的に、職歴が短いと借りづらいと言われていますね。理由は簡単です。返済ができるかどうかの推測がしづらいからです。ずっと同じ会社に勤めている人であれば、一年後の予定も立てられますよね。でも転職をしたばかりでは、過去のデータが少ないので今年の年収の予測もできません。お金を貸す側は、何よりも収入が安定しているかどうかを気にします。そのため、年収は同じでも、サラリーマンより自営業の方が借りづらいとも言われています。

もちろん、働いてさえいればどこかでは貸してもらえますので、過度な心配はいりません。ただし、金額には制限があります。銀行によっては専業主婦、パート、アルバイト向けのプランを用意しています。このプランでは大抵、勤続年数は不問で、年収を証明する書類も提出する必要がありません。ただし借りられるのは50万円までです。それ以上借りようと思えば、勤続年数や年収が重視されるでしょう。

プランによっては、貸し付け条件に「勤続2年以上」などと明記されているものもあります。それ以外では「安定した収入のあること」とだけ書いてあることが多いです。後者であれば、審査を受けてみない限りはわかりません。ですが、勤続年数2年以内は借りづらい、と覚悟しておいた方が無難ではないでしょうか。(※勤続年数が2年以内でも諦めたくない方はこのサイトから:《借入》今からでも間に合う!絶対安心のキャッシング選び!)心配なら、転職をされる前にカードローンを契約しておくとか、クレジットカードのキャッシングが利用できるようにしておいてはいかがでしょうか。

転職中にカードローンの申し込みをするコツ

転職中にカードローンの申し込みをする時は仕事をしていない状況なので、合格できるかどうかは不安を感じるものです。そこで、転職中でもカードローンの審査で合格するコツがあるので紹介します。

まず、最も大きなポイントになることはカードローン会社に申し込みをする時に収入証明を出す必要があるかどうかです。仕事を探している最中なので、やはり収入証明を出すことは難しくなってきます。そのため、会社選びにおいて収入証明が不要になっている会社を選ぶと良いです。そうすれば、身分証明書だけで申し込みをすることができますし、仕事を探している状況でも合格する事が可能になります。どのような会社で収入証明が不要となるのか、これは総量規制対象外の会社なので言わば銀行系列です。消費者金融系でも例外としては収入証明が不要なケースもあります。

このように仕事をしていない状況でも収入証明が不要であれば、カードローン審査に合格することが可能になってきます。また、申し込みをする時には希望額を大きく求めずに小額として申し込みをすることもコツの一つです。限度額が高額になると、それだけ返済能力が高く求められるので、やはり収入証明が必要となってきます。しかし、小口の限度額であれば基本的に返済能力が低くても利用することができますし、上記のように収入証明が不要な会社もあります。

転職をする時になかなか新しい仕事を見つけることができないと生活費などに困ることが多くありますが、そのような時は仕事をしていなくてもカードローンを利用することができるので、お金に困ったときは上記のコツをしっかりと参考にして申し込みをしてみると良いです。また、仕事を探している時にすでに内定が決まっている人の場合だと、カードローン審査では合格しやすくなります。内定というのは仕事がすでに決まっているようなものであり、やはり合格しやすくなるのでこの場合はそれほど心配せずに申し込みをすると良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 速く「お金を借りる方法」→このサイトから申し込もう! All Rights Reserved.