なるべく有利にお金を借りる方法にはどんなものが有りますか

来春結婚することになりました。それはそれで嬉しいのですが、問題は結婚費用の捻出です。ここのところの不況で余裕はそれほどありませんが、こういう時でなければ長期の旅行なども難しいので、結婚式は止めてその分旅行にお金を掛けようと彼女と相談したのですが、自分達はOKでもそれぞれの実家で猛反対にあい、結局式は行なわざるを得なくなりました。だったら費用出せよと言いたいのですが、実家の方にも余裕が無いのが分かっているのでそれも言えません。

そこで仕方がないのでお金を借りようと思うのですが、返済も大変ですからなるべく有利な借り方をしたいと思います。どのような方法が有りますか。

多目的ローンを利用するのがもっとも有利でしょう

こういう場合安易にカードローンを利用する人がいますが、それでは金利的に有利とは言えません。銀行のローンには住宅ローンや自動車ローンのように利用目的を限定した目的別ローンとカードローンの様に何に利用しても構わないフリーローンが有ります。金利は目的別ローンの方が低いため利用目的に合致する目的別ローンが有るのであればそちらを利用するのがフリーローンを利用するよりもずっと有利になる筈です。

そこで銀行の目的別ローンを調べて見ましょう。銀行にもよりますが最近ではブライダルローンというような目的別ローンを用意している銀行が有ります。またそういった結婚用のローンを用意していない場合でも、多目的ローンと言って利用目的を自分で決めることが出来る目的別ローンが用意されている場合も有ります。ですから結婚費用の見通しが付いたら、まずは自分の取引のある銀行に相談してみてはいかがでしょうか。その他にもいくつか選んで有利なところを利用しましょう。

ただしこの目的別ローンと言うのは申込みなどがフリーローンよりも面倒という欠点が有ります。銀行では低利で融資するお金を目的外で利用されては困るわけです。このため本当に目的のために利用されているのかを確認する必要が有る訳です。したがって費用を証明する書類が必要になったり、融資後には本当に目的のために使われたことを示す領収書などの提出が必要になったりというような面倒さが有ります。これが嫌で目的別ローンの利用を断念する人も少なくありません。

しかし目的別ローンが用意されている以上利用しない手はありません。結婚するには色々とお金がかかるものですから、出来るだけ節約するためにも多少の面倒は覚悟して申し込みをしましょう。

それにしても結婚する本人たちが限られたお金を旅行に使いたいと言っているのに実家の方でそれを覆すと言うのは、良く聞く話ではあるのですが、やはり理不尽さを感じます。こういう場合世間体を気にしているのでしょうから、やはり一部の費用は出してもらってもおかしくは無いでしょう。自分達で出せるお金には限界が有る事、お金を借りなければ結婚式はできないと言うことを良く話して理解を求めるべきです。私もお金が限られているのであれば旅行に行って色々と見聞を広めた方が有意義なお金の使い方だと思います。

お金を借りる方法は1つじゃない!

お金を借りる方法、どういう方法が思い浮かびますか?当然銀行やサラ金からの借金をイメージする人が大半だと思いますが、お金を借りる=銀行やサラ金からの借金、という簡単な事ではないんです。ただお金を借りると言っても、その方法は目的に応じて多岐に渡っているんですよ。これを知っていれば少しでもお得にお金を借りることが出来る場合がありますから、ぜひ知っておいてくださいね。

まず、お金を借りるにあたってどの商品を利用するのかを選ばなければいけません。お金を借りるのは、「いくら貸してください」って言って単純にお金を借りるものだけではないんです。例えば、子どもの入学金を借りたいのであれば教育ローンを利用することが出来ますし、リフォームするためのお金が必要であればリフォームローン、住宅ローンが利用できます。単純に何の目的か言うことなくお金を借りるのならフリーローンやカードローンが利用できますが、目的を指定しているローンのメリットは金利が低いという点にあります。借りる金額が大きいのなら、金利が低い目的別のローンを利用した方がお得なのです。

また、実際にお金を借りる時も窓口でお金を受け取るという方法ではなく、ATMから引き出す方法や自分の指定口座に振り込んでもらう方法を選ぶことが出来る場合もあります。ATMから引き出すことができれば、自分の好きなタイミングでお金を借りることが出来ますし、ちょっと手持ちの現金が不足した時も簡単に利用出来ます。実際にお金を借りる時のことも考えて、どんな方法があるのか、選ぶことが出来るのかをチェックしておくと良いですよ。

私はこんな理由で借りました!

派遣でもカードローンを組めました!

派遣で倉庫会社に勤めていて、フォークリフトの免許を取りました。費用は派遣会社負担でしたが、倉庫会社で社員登用のお話をいただき籍を移すことになって、「勤務期間が短いから免許費用を返すように」と派遣会社が最後の給料から免許費用を天引きしてきたんです(泣)。

もともと少ない給料からの天引きで生活費はピンチになり、カードローンを頼ることにしました。倉庫会社での勤務は2年ですが籍が移った後では勤務年数に問題が出るのではと思い、派遣契約が終わる前に速攻で申込み。

その甲斐あってか、無事に審査も可決。バタバタしたトラブルも何とか乗り切ることができました。

引っ越し費用で使いました

私引っ越し好きなんで結構引っ越しをするんですね。次の物件も決まってさあ引っ越しって時に、いろいろ重なってお金が足りなくなったんたんです。今の部屋も出なくちゃいけないし、引越し屋も頼んでるし、どうしようって。

引越しって家賃も無駄に払いたくないから結構ぎりぎりのスケジュールでやってしますうですよ。

それで試しにキャッシングローンでお金を借りてみようかなって思ったんです。手続きも簡単ですぐにお金を借りれました。何と言っても時間が掛らずに審査してくれ、お金もすぐ借りれるっていうのが魅力ですよね。出費って重なる時は重なるのでいざという時の強い味方って感じです。

使いすぎたクレカは融資で穴埋め

私の趣味は紙ベースの読書です。しかも素人なのにいろんな専門書を読むのが好きなんです。ところがどれも高額なのが悩みの種なんですよ、天文や生物の専門書などは高額ですからね。

先日、天文学の本と素人でも扱える望遠鏡が欲しくて悩みました。

望遠鏡をネットで調べてた時に、ネットでキャッシングの広告を見つけたんです。もうチャンスでしょ、クリックすると元気な広告から冷静な申し込みページが出てきて、入力すると素早い審査で『ご融資できます』というじゃないですか!振り込まれたネットバンキングからクレジットカードの引き落とし口座に振替、全部ネットで完了でした。それからは毎晩望遠鏡で遊んでいるので毎月の本代を返済に充てています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2014 速く「お金を借りる方法」→このサイトから申し込もう! All Rights Reserved.